名古屋市への移動式PCR検体採取車無償貸与について

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社名              中京車体工業株式会社
代表者の役職氏名            代表取締役社長 森 孝義
名古屋市緑区鳴海町字下汐田237番地
問い合わせ先電話番号 052-624-0088

この度、中京車体工業株式会社(名古屋市緑区、代表取締役社長 森孝義、以下弊社)は、名古屋市に対し弊社でデモカーとして使用中のマイクロバスを無償貸与する契約を結びました。

対象のバスは、使用過程で様々な用途に組み替えられるマルチユースマイクロバス(以下MUB)のデモカーとして弊社で使用しておりましたが、当初発生した豪華客船の患者輸送の状況を憂慮し、マイクロバスとMUBの特長を活かした患者輸送車の開発を決断しました。(マイクロバスは乗客用と運転席ドアが別のため飛沫感染防止に適した仕切りがし易く、MUBは座席の脱着や組み替えができ、シート取付部のレールを用い車椅子やストレッチャーなどの固定ベルトが付けられるため様々な用途で使用できます。)

そこでMUBを患者輸送車として利用出来るよう、飛沫感染防止仕切、車いすリフト、周辺環境に配慮し車外へのウィルス拡散をしないよう医療用の排気装置を取付け、さらに、鎮静化した後は元に戻せるよう配慮して、簡易患者輸送車として開発いたしました。

完成した患者輸送車を有効活用していただきたいと考え、名古屋市に無償貸与の申し出をさせていただきましたところ、名古屋市より、移動先でPCR検体採取ができるようにし新型コロナウイルス対策に活用したいとのご要望をいただき、シートの組み替え、新たな飛沫感染シート、テーブルの設置などの改装を施しPCR検体採取車としても活用いただける車が完成し、この度令和2年11月19日に名古屋市への引き渡し式を行うこととなりました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください