本文へスキップ

中京車体工業株式会社は福祉車両・幼稚園バス・検診車・移動図書館車などありとあらゆる特種(特装)車両を製造・改造するメーカーです。

TEL. 052-624-0088

〒458-0801 愛知県名古屋市緑区鳴海町字下汐田237

会社方針CONCEPT

会社方針

すべてはお客さまのために
 こんな車があったら・・・
  そんな夢を現実にします


社長メッセージ

CEO

 私どもの会社をご存じでしょうか。たぶんご存じないと思います。私たちの会社では、自動車メーカーでは作っていないとても変わった車を作っています。私たちの会社と直接お付き合いいただいているお客さまの多くは、自動車販売店の皆さまです。

 しかし、皆さまはきっと私どもが手がけた車に、今までに見たり触ったり乗ったりしてただいていると自負しています。私どもは創業以来36,000台ものマイクロバスを手がけてきました。世の中に販売されているマイクロバスは年間およそ4000台です。

 そんなマイクロバスの架装改造を中心に、お客さまのこだわりによってメーカーの標準やオプションでは間に合わない車、福祉車両・幼児バス・検診車・移動図書館車・選挙カー・現金輸送車・救急車・消防自動車などの特殊用途車両など、よく考えるとどこで作っているのかわからない車を作っています。

 過去の弊社のヒット商品は今はありません。なぜかと言えばヒット商品はメーカーで作るようになるためです。例えば、マイクロバス。これ自体もトラックシャシーから作っていた時代があります。マイクロバスのハイルーフ。今では当たり前ですね。

 今では当たり前の商品でも、きっかけは飽くなき探求からスタートしています。「メーカーでは作っていない、こんな車はできないか?」そんなお客さまのこだわりに耳を傾けて、夢の車を実現し続けてまいりました。

 私たちはお客さまがより便利に、快適に、安全にお使いいただけるよう、車作りをしてまいりました。これからも、お客さまの声を大切にし、ご利用いただくすべてのお客さまに、やさしく、安全で、環境に配慮した製品を、まごころを込めて作ってまいります。


会社沿革

1945年12月
合資会社中京自動車工業として創業
1950年 4月
日産・三菱重工と提携 トラックボディーの組み立ての下請けを受注
1956年 6月
プリンス(現 日産自動車)のピックアップおよびライトバン改造を手がける
1962年
ライトコーチ中型バスを受注、量産開始
1965年
プリンスクリッパー用シャシーのWキャブへの改造を手がける
1969年 7月
三菱ローザの特装も始める
1979年 7月
三菱ローザのボディー架装開始以来、累計2,500台達成
1979年10月
架装部門を独立し、中京車体工業株式会社設立
1992年
ウサギをかたどったキャラクターバスを制作(福井県町営バス『うらら号』)
1997年10月
三菱ローザ架装開始以来、累計25,000台達成 三菱自動車工業株式会社より表彰
2001年 3月
くじらをかたどったキャラクターバスを制作(高知県 春野乳幼児保育園さま)
2008年 2月
代表取締役社長に森孝義就任
2012年 9月
現行観光バスの前後ビューを備えた福祉車両(通称:トラバス)を制作
2013年 3月
放射線検査測定車を作成、お客さまが7月放送のNHKニュースで取り上げられる
2014年3月
三重県の新生児救急車『すくすく号』を制作

バナースペース

中京車体工業株式会社

〒458-0801
愛知県名古屋市緑区鳴海町字下汐田237

TEL 052-624-0088
FAX 052-624-0040